視力トレーニングの方法・解説サイト

視力トレーニングの方法には、3Dの立体視や眼筋訓練、ピンホールメガネの装用などがあります。視力回復機器を使った目のトレーニング法や、無料で自宅でできる簡単な近視の視力回復トレーニングなどを解説しています。

視力トレーニングの方法を詳細に解説するサイト

視力トレーニングの方法を解説するサイトへようこそ!!

当サイトでは、近視の視力回復法を中心に、あらゆる屈折異常に通ずる目の訓練法を解説しています。近眼はもちろん、遠視、乱視にも有効であり、老眼も視力の改善がのぞめます。

視力トレーニングの方法は、一様ではありません。
書店にいけば3Dの立体視ができるマジカルアイなどの視力の本があふれています。

インターネットを覗けば、スーパービジョンやメガトレ、アイトレーナーなどの視力回復訓練機が目白押しで、どの器具にどのような効果があるのか、迷ってしまうことでしょう。

視力トレーニングの方法は、一人で家で孤独に実践するものばかりではありません。視力回復センターや眼科の通電療法に通院すれば、人との触れあいもありますし、インストラクターに疑問点を質問することもできるでしょう。

あるいは、眼科矯正器具のメガネやコンタクトレンズを装用して、その力を借り続けるのも、一つの選択肢でしょう。オルソケラトロジーやオサートは、視力トレーニングというイメージではありませんが、視力がアップする実感はあります。

またはレーザー角膜屈折矯正手術を受けるのもいいかもしれません。今は、イントラレーシック手術が大人気ですね。こういった視力矯正を行いながら、眼病予防として、あるいは急激な視力低下を防ぐため、または疲れ目の解消として、視力トレーニングの方法を活用してもよいのです。

視力トレーニングの方法というと、眼科医院の医師は、まゆをひそめ、否定的になりがちかもしれません。しかし、視力回復センターがずっと存続していることからしても、民間療法には、それなりの視力改善の効果があるはずです。

当サイトにはいろいろな視力トレーニングの方法や豆知識が書かれていますが、皆様の健康な視力の維持にお役に立てれば幸いです。

>> あなたの視力をアップさせる視力トレーニングの方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力低下の原因と予防法とは?  視力0.2の近視 視力回復トレーニングセンター

視力トレーニングの方法の種類とポイント