視力トレーニングの方法・解説サイト

視力トレーニングの方法には、3Dの立体視や眼筋訓練、ピンホールメガネの装用などがあります。視力回復機器を使った目のトレーニング法や、無料で自宅でできる簡単な近視の視力回復トレーニングなどを解説しています。

サイトトップ > 視力回復と近視

視力回復と近視

視力回復と近視との関係について、解説しましょう。

まず視力回復とは、広義でいえば視力の矯正までをも含んだ考え方です。つまりメガネやコンタクトレンズを装用した矯正視力であっても、裸眼視力よりも視力アップしたのなら、それは立派な視力回復です。

レーザー角膜屈折矯正手術であるレーシックも、じつはメガネと同様の原理に立つ視力の強制。睡眠中に角膜の屈折率を調整するオルソケラトロジーやオサートも、視力の矯正です。視力回復と近視は、このような広義の意味で考えることができます。要は快適に見えるようにすることが大事なのですから・・・。

それは視力1.0以上を出したくてもできない、弱視の方を考えればわかるでしょう。視力矯正で高い視力が出れば、視力回復が近視に実現できたことになります。

視力回復と近視というものを、狭義で論ずれば、それはまさに自分の目の筋肉だけで、ものを見れるようになることです。そのために眼科の通電療法や点眼治療、視力訓練機ワックがあります。

そのほか民間療法である3Dの立体視ができるマジカルアイ、ピンホールメガネなどの視力回復グッズもあります。スーパービジョンやメガトレなどの視力回復訓練機、超音波治療器ソニマック、低周波治療器などで近視の視力回復を目指そうとするわけです。治るかどうかは別にして・・・。

このような狭義の視力回復で近視が良くなるとは、どういうことでしょうか?たとえば仮性近視なら、単に毛様体筋のコリですから、毛様体筋という内眼筋のこり、痙攣が解消されれば、それは近視の視力回復になります。まあ仮性近視は近眼ではありませんが・・・。

屈折性近視の場合、視力回復と近視の関係はどうでしょうか?屈折性近視とは、毛様体筋のこりが固定化し、かつ角膜が突出した状態です。この場合、角膜の突出はそのままでも、毛様体筋のコリが解消できれば、その分は、視力回復できた近視ということになります。

つぎに眼球がラグビーボールのように伸びた軸性近視の場合、視力回復と近視の関係はどうなっているでしょうか?当然、眼球の形が元に戻ることが視力回復になりますが、これは容易なことではありません。

もし視力0.01レベルの強度の近視が視力回復するとすれば、外眼筋の力を借りることになります。眼球の周囲には、眼球移動筋が取り巻いています。近視とはこの眼筋が弱体化したために、眼圧が眼球を前方に押し出して、眼軸が伸びたとも考えられます。

そこで眼筋トレーニングという目のエクササイズによって、外眼筋を強化すれば、眼軸が元に戻り、戻った分だけ視力回復が近視に達成できたことになります。

このように狭義の意味では、それぞれのレベル・段階に応じた近眼にかかわっている、目の筋肉の機能が回復した分だけ、視力回復が近視の目に達成できることになります。

近視の予防法とは?〜目の疲れをためない

近視の予防法とは、とくに難しいものではありません。もし今近視ではなく、正視ならば簡単な心がけで、急激な視力低下を防ぐことができます。近視の原因は、いうまでもなく

近視の予防法とは?〜目の疲れをためない

急激な視力低下の原因について〜眼病や近視の症状

急激な視力低下の原因は、近視が急速に進行したということもあれば、何かの眼病が要因のこともあります。まずは、眼科を受診することをおすすめします。手遅れにならないた

急激な視力低下の原因について〜眼病や近視の症状