視力トレーニングの方法・解説サイト

視力トレーニングの方法には、3Dの立体視や眼筋訓練、ピンホールメガネの装用などがあります。視力回復機器を使った目のトレーニング法や、無料で自宅でできる簡単な近視の視力回復トレーニングなどを解説しています。

サイトトップ > 簡単な視力回復トレーニングとは?〜自宅で無料でできる方法

簡単な視力回復トレーニングとは?〜自宅で無料でできる方法

簡単な視力回復トレーニングの方法をご紹介します。

簡単ということは、視力回復センターとか眼科の通電療法などに通院しなくても、自宅でほとんど無料で実行可能なものです。そして短時間で終了する視力の訓練法です。まあ眼科の通電治療も、10分くらいで終わるので簡単な視力回復トレーニングの方法ともいえますが・・・。しかし経済的負担がかかるので、簡単とはいえません。

簡単な視力回復トレーニングの方法は、家にいながらにして出来るものです。べつに見晴らしのいい丘の上に行かなければいけない、ということもありません。もちろんそういった環境が生活のなかにあれば、遠くを見ることが簡単な目のトレーニングになります。

家で簡単にできる視力回復トレーニングの方法に、3Dのマジカルアイがあります。マジックアイ・エクササイズともいいますね。この視力回復の本を平行法や交差法で見ていると、写真やイラストが立体視できて、浮き出てきます。これは自宅で簡単にできますが、小学生の子供の仮性近視や老眼程度に有効です。

マジカルアイの立体視で、視力0.01レベルの強度の近視は視力回復しません。ほかの眼筋トレーニングと併用すると、相乗効果は期待できますが・・・。

そのほか自宅で簡単にできる視力回復トレーニングの方法に、ピンホールメガネの装用があります。とくに目の訓練という意識を持たずに、ピンホールアイマスクを着用しながらテレビでも見ていればいいのです。ただし本の活字は読みづらいかもしれません。コンタクトレンズを装着しながら、視力アップアイグラスを装用しても、面白いかもしれません。視力0.1以下の極度の近視は、これだけで視力改善することはありません。

簡単な視力回復トレーニングの方法には、無料でできる方法もあります。つまり超音波治療器ソニマックとかスーパービジョン、メガトレ、アイトレーナーなどの視力回復器を使用しなくても、自分の体さえあれば、旅行に行っても、いつでもどこでも実行可能なものです。変な話、トイレの中でだって訓練可能です。

たとえば、目を動かす眼筋トレーニング。
まず、目を大きく上下左右に動かして、眼筋ストレッチをします。こうやって目の筋肉を良く伸ばし、トレーニングしやすくするのです。

つぎにメインの外眼筋のトレーニングです。
これはある一点からほかの一点へと視点移動する眼のトレーニング。眼球移動筋が鍛錬されるため、目の血行がよくなりますし、ベイツス理論によれば、眼球の形が元に戻っていきます。4本の直筋が眼球を手前にひきつけるからです。この簡単な視力回復トレーニングの方法は、強い近視が唯一視力アップする期待が持てる手法になります。

もう一つは、毛様体筋のトレーニング。
これは遠近調節を司っている、眼の内部の内眼筋である毛様体筋をほぐす運動。または強化する目のエクササイズともいえます。家の壁にある文字と目の前に立てた指を、交互に見比べます。そうすると、本来不随意筋である毛様体筋を、間接的に”意識的に”動かすことが可能になります。簡単な視力回復トレーニングですよね。ゆっくり深呼吸すると、心拍数や血圧をコントロールできることと一緒です。

毛様体筋のトレーニングは、幼児や小学校低学年の子供の仮性近視に対して、とくに有効です。学校近視になるまえの、急激な視力の低下を予防することができます。とても簡単な視力回復トレーニングの方法です。もちろん視力0.02とか視力0.05の最強度の近眼の人が行なってもよいのです。目の疲労の解消にはなります。また眼筋トレーニングと組み合わせることで効果が倍増します。

こういった自宅で無料でできる簡単な視力回復トレーニング法とともに、目の血行をよくする方法をスパイスのように振り掛けると、より効果的です。目の血行をよくするには、強くまばたきを5回くらい連続で行ないます。するとすぐに目の血流が促進されます。また視力回復のツボを指圧したり、目に蒸しタオルを載せるといいでしょう。

新日本速読研究会の川村明宏博士による、視力回復法ジニアスeyeは、簡単にできる視力回復トレーニング法として、まとめられています。近視の起きる原因についても、初心者にも分かりやすく、噛んで含めるように説明されています。川村式視力回復法は、前述の視力訓練法でいえば、毛様体筋と外眼筋を視力トレーニングする方法です。

視力のトレーニング法の種類一覧