視力トレーニングの方法・解説サイト

視力トレーニングの方法には、3Dの立体視や眼筋訓練、ピンホールメガネの装用などがあります。視力回復機器を使った目のトレーニング法や、無料で自宅でできる簡単な近視の視力回復トレーニングなどを解説しています。

サイトトップ > 仮性近視の視力回復法〜ミドリンMや毛様体筋トレーニング

仮性近視の視力回復法〜ミドリンMや毛様体筋トレーニング

仮性近視の視力回復法は、とても簡単です。

眼科に行っても点眼薬を処方してもらえますし、眼科にはワックという視力回復訓練機のような器具が設置されていることがあります。あるいは、3Dのマジカルアイやピンホールメガネなどの視力回復グッズ、つまり民間療法でも仮性近視は視力回復できます。

まず仮性近視ですが、これは近眼の一歩手前の状態。
近視に似たような症状ということで、偽近視、調節緊張、調節痙攣とも呼ばれます。眼科の世界では、唯一「治る」とされる眼の状態です。まだ眼球が構造的な変化を起こしていないからですね。

眼科での仮性近視の視力回復法といえば、ふたつあります。
ミドリンMとかミオピン、サンドールなどの散瞳薬を処方します。点眼治療で仮性近視が視力回復したら、それは純粋な仮性近視だった、ということになります。しかし、たいてはすでに近視に突入しているようです。そのため、あまり期待しないほうがいいでしょう。

眼科の点眼療法は、もともと眼底検査のとき、瞳孔を大きく開くためのもの。本来の近視治療ではありません。眼科のワックという視力回復機みたいなものも同様です。これは雲霧法や望遠訓練ができる器具ですが、もともとは検査を正確に行なうためのもの。

ただ毛様体筋の緊張を解消できるので、もしこの視力トレーニングの方法によって、視力が改善したら、それは仮性近視だったということになります。ただし前述したように、ほとんどがすでに真性近視に入っているようです。

そのほか眼科の通電治療もあります。
これは眼に微弱な電気を流す視力の治療法。小学生の子供は、水分が多いので、より電流が通り、効果的です。視力0.1が1.2になる例もあるようです。ただ眼科の通電療法は、1回1000円かかります。

仮性近視とは、たんなる毛様体筋のこり。
肩こりのように、筋肉が緊張しているだけですから、ほぐせば仮性近視は視力回復が可能です。仮性近視の兆候として、目がかすむなどがあります。眼科の治療と並行して、民間療法を行なってもいいでしょう。

仮性近視を視力回復できる民間療法には、本屋によくある3Dの立体視ができる視力回復の本。マジカルアイとかマジックアイ・エクササイズ、3D写真で目がどんどん良くなる本などですね。アメリカ旅行編なんかがあって、おもしろいですよ。これは平行法と交差法という見方によって、平面図形を立体的に見る視力トレーニングの方法です。

そのほか自宅でずっとピンホールメガネをかけていても、仮性近視の視力回復に有効です。小さな穴から外を覗いていると、毛様体筋の調節がほとんど不要になるので、目の疲れが解消し、ピントフリーズ現象が解除されるのです。

超音波治療器ソニマックや、ネット上で販売されている、いろいろな視力回復機器を購入してもよいでしょう。視力回復器をただ覗くだけで、眼科のワック程度の目の訓練を行なうことができます。

遠くと近くを交互に見ると、こり固まった毛様体筋のコリがほぐれて、仮性近視が視力回復していきます。遠くをゆったり眺めて、目を休めるように心がけるだけでも、目が良くなるものです。視力回復センターでは、室内凝視訓練法を行ないますが、仮性近視にも当然有効です。

視力回復のツボをジワーッと指圧しても、仮性近視の視力回復に効果的です。目のツボを押すと、目の内部の血行が改善されるので、毛様体筋の血流もよくなり、乳酸が洗い流され、遠くにピントが合ってくるのです。

学校の黒板の文字もハッキリと見えるようになるでしょう。学校の視力検査である学校検眼で、B判定だったとしても、大丈夫です。早期発見して早期に対処すれば、CランクやD評価にまで、急激に視力が低下することはありません。

手のひらをこすって熱くして、目の表面をおおっても目の血行がよくなります。このパーミングも仮性近視の視力回復に効果的です。ただし手のひらで眼球を圧迫しないようにしましょう。少しすき間をあけるのです。かといって光が漏れないように工夫をしましょう。

このように仮性近視の視力回復法には、様々な方法があります。要は眼科の治療法だけに寄りかかるのではなく、視野を広げて、民間療法も同時に試してみることがポイントです。

視力のトレーニング法の種類一覧