視力トレーニングの方法・解説サイト

視力トレーニングの方法には、3Dの立体視や眼筋訓練、ピンホールメガネの装用などがあります。視力回復機器を使った目のトレーニング法や、無料で自宅でできる簡単な近視の視力回復トレーニングなどを解説しています。

サイトトップ > 運転免許更新と視力について

運転免許更新と視力について

運転免許更新と視力について解説します。

車の運転をするからには、最初に試験があります。
その後も定期的に視力検査が行なわれます。それは、いくつかのことを示唆しています。

それは人間の視力は、低下するものであるということ。
さらに人間の情報というものは、視覚からの入力が大半を占めるということ。さらに車社会においては、そのほとんどが視覚情報であること、です。

そのため運転免許更新時には視力検査が行なわれるわけです。規定では両目で視力0.7以上が見えなければなりません。視力0.7といえば学校検眼ではb判定。学校の教室のどこからでも、黒板の文字が読める視力ですから、かなり目がいい部類に入ります。

運転免許と視力との関係は、大事です。
ここでしっかりチェックしてこそ、交通事故を減らせるからです。そのため受ける側としても、自動車免許の視力の検査には裏技を使わずに臨みたいものです。裏技というのは、一時的に視力アップできる方法です。

たとえば目を細めれば、遠くがよく見えます。
また運転免許更新の視力検診の直前に、強くまばたきすると、一時的に視力が跳ね上がります。じつはこれは、簡単な視力トレーニングの方法でもあります。5回まばたきして、最後をしばらく維持していると、より効果的です。

免許証更新の視力は、深視力も大事です。
これは立体感とか遠近感ともいいます。両眼視機能が発達していなければ、深視力の能力が低いことになります。幼少時に斜視だったとか、弱視だったとかで両目の協調性が悪いと、遠近感に問題があることがあります。こういった視覚は、サッカーなど、広いフィールドで行なうスポーツでは、とくに不利になります。

運転免許証は視力検査が大事です。
これを機会に、人間にとって大事な視覚というものを、見直してみてはいかがでしょうか?たとえばメガネだった人は、使い捨てコンタクトレンズの装用に換えてみる。あるいは思い切って、レーシック手術を受けてみるのも面白いかもしれません。

もちろん視力トレーニングの方法という選択肢も忘れずに。

視力のトレーニング法の種類一覧